くらし下流化ニッポンの処方箋

43歳「ギリギリ貧困女性」が抱える今と将来のリスク

藤田孝典 / NPO法人ほっとプラス代表理事

 埼玉県内の大手スーパーレジで働く陽子さん(43歳仮名)は、高校を卒業して以来ずっと非正規です。時給は800円台後半で、埼玉県内の特定(産業別)最低賃金849円(総合スーパー)を少し上回る程度。1日8時間勤務残業あり、月6日休みの勤務で、約15万~18万円の月収(額面)を得ています。

 埼玉で生まれ育ちました。高校生のころ、両親が祖父母の介護のため実家の青森県に戻り、以来1人暮らしです。両親も今は年金暮らしで、埼玉に戻ってくる可能性はありません。陽子さんも今後見知らぬ土地で親と暮らすつもりはありません。

 20代から30代にかけて、結婚したいと思っていろいろな男性とお付き合いをしましたが、どの人ともうま…

この記事は有料記事です。

残り1694文字(全文1997文字)

藤田孝典

藤田孝典

NPO法人ほっとプラス代表理事

1982年生まれ。NPO法人ほっとプラス代表理事、聖学院大学人間福祉学部客員准教授、反貧困ネットワーク埼玉代表。厚生労働省社会保障審議会特別部会委員。ソーシャルワーカーとして現場で生活困窮者支援をしながら、生活保護や貧困問題への対策を積極的に提言している。著書に「貧困クライシス 国民総『最底辺』社会」(毎日新聞出版)「下流老人 一億総老後崩壊の衝撃」「ひとりも殺させない」「貧困世代 社会の監獄に閉じ込められた若者たち」など。

イチ押しコラム

知ってトクするモバイルライフ
グーグルが発売するピクセル3(右)とピクセル3XL(左)

グーグル初の自社製スマホ「ピクセル3」の出来栄え

 グーグルが、自社製のスマートフォンとしては初となる「ピクセル3」「ピクセル3XL」を11月1日に発売する。 グーグルのオンライン…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
キエフの街。世界遺産のペチェールシク大修道院からドニエプル川と対岸の新市街を望む(写真は筆者撮影)

ウクライナ首都キエフ 東欧最大の都市に何があるのか

 ◇ウクライナ・キエフ編(1) 肥沃(ひよく)で実りの多い場所に、文明が栄え、豊かな国ができる。古代の四大文明や、近現代の米国はそ…

職場のトラブルどう防ぐ?

「自己都合?会社都合?」明確な退職理由が必要なワケ

 A男さん(54)は、従業員数約200人の金属部品加工会社の総務部門の責任者です。先日、工場を退職したB輔さん(27)の離職理由に…

ニッポン金融ウラの裏
東京都江東区で2018年4月1日、丸山博撮影

ノルマ営業を続ける銀行の「売り手発想と時代錯誤」

 銀行業界で、支店の業績評価方式を見直す動きが起きている。金融庁が求めている「顧客本位の業務運営」を営業現場で徹底させるためだ。だ…

メディア万華鏡
「新潮45」10月号に掲載された記事

「新潮45」休刊騒ぎのなかで責任を果たさない人たち

 「新潮45」の休刊騒ぎで思い出した小説がある。出版業界の小説をめぐる内幕を描いた東野圭吾さんの短編集「歪笑小説」(集英社文庫)に…