経済プレミア・トピックス

問題案件11万超 DeNA著作物パクリの「ケタ外れ」

編集部
  • 文字
  • 印刷
謝罪する守安功DeNA社長(左)と南場智子会長=東京都渋谷区で2016年12月7日、田中学撮影
謝罪する守安功DeNA社長(左)と南場智子会長=東京都渋谷区で2016年12月7日、田中学撮影

DeNA社長会見(1)

 IT大手のDeNA(ディー・エヌ・エー)が、自社の10サイトで問題が発覚し、全記事の公開を中止した問題で、守安功社長らが7日、東京都内で記者会見した。DeNAは、主力のファッションサイト「MERY(メリー)」で、出所不明で許諾のない画像や、盗用が疑われる記事など著作権侵害の恐れがあるケースが約11万件あったことを明らかにした。メディアを運営する国内企業としては過去最大規模の著作権侵害に発展する可能性が出てきた。

 DeNAは医療情報を扱う「WELQ(ウェルク)」で、誤った医療記事を多数掲載していると指摘され、イ…

この記事は有料記事です。

残り1769文字(全文2038文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz