青春小説の系譜

「世界を変えたい」反戦高校生が生きた半世紀の重さ

鶴谷真・毎日新聞学芸部記者
  • 文字
  • 印刷
東京・日比谷公園で開かれた反戦・反安保集会には400団体7万人が参加した=1969年6月15日
東京・日比谷公園で開かれた反戦・反安保集会には400団体7万人が参加した=1969年6月15日

盛田隆二「いつの日も泉は湧いている」

 排外主義と大衆迎合。自分と価値観を同じくする者の言い分だけを聞き、他は「偏向」と称して敵視する。そんな世界的潮流を痛感させられた2016年が暮れようとしている今、盛田隆二さんの小説「いつの日も泉は湧いている」を読んだ。

 この世界を良くしたいという若さに触れて、心にやけどをした思いがする。「政治の季節」を生きる高校生たちの切実な日々の描写に、強い説得力があった。

この記事は有料記事です。

残り1960文字(全文2160文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

鶴谷真

毎日新聞学芸部記者

1974年、神戸市出身。2002年毎日新聞社に入社し、岡山支局、京都支局を経て08年に大阪本社学芸部。13年秋から東京本社学芸部。文学を担当している。