IT・テクノロジー最適メディアライフ

固定・モバイル全体の通信料金最適化でおサイフ防衛を

北俊一 / 野村総合研究所上席コンサルタント

 携帯電話関連の支出が依然として家計を圧迫している。特に、スマホで大容量のデータ通信を利用する若者のいる世帯では、5GB程度では足りず、10GBや15GBといった上位プランの契約が必要となる。

 筆者は、10GBを家族3人でシェアしている。これまで月平均5GBぐらいの利用だったので、10GBのプランで十分と思っていたところ、先月はまだ20日だというのに10GBに達し、128kbpsの通信速度制限を受け、月末までの10日間つらい生活を送ることになった。

 128kbpsといえば、初期のiモード時代の速度である。しかしその「遅さ」を懐かしむ余裕もなく、た…

この記事は有料記事です。

残り2149文字(全文2425文字)

北俊一

北俊一

野村総合研究所上席コンサルタント

1965年、横浜市生まれ。早稲田大学大学院理工学研究科修了。90年株式会社野村総合研究所入社。四半世紀にわたり、情報通信関連領域における調査・コンサルティング業務に従事。専門は、競争戦略、事業戦略、マーケティング戦略立案及び情報通信政策策定支援。総務省情報通信審議会専門委員。