経済プレミアインタビュー

過労自殺の背後に必ず「上司のパワハラ」がある

編集部
  • 文字
  • 印刷
江上剛さん=2016年12月16日、田中学撮影
江上剛さん=2016年12月16日、田中学撮影

作家、江上剛さんに聞く(1)

 長時間労働や過労自殺を防ぐため、働き方を抜本的に改革しようとの機運が高まっている。作家でテレビコメンテーターとしても活躍する江上剛さんは、銀行に長く勤めた経験を踏まえ、過労自殺やブラック企業の問題をテーマに小説を書いてきた。江上さんに働き方改革について聞いた。【聞き手は今沢真・経済プレミア編集長】

 --電通の新人女性社員が長時間勤務のうえ過労自殺した問題は、企業社会に大きな衝撃でした。

この記事は有料記事です。

残り2020文字(全文2229文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz