スキル・キャリア部下を伸ばす上司 ダメにする上司

急な休みを後ろめたく思わせない職場の一体感の作り方

細川義洋 / ITコンサルタント

 あけましておめでとうございます。現在、筆者は経済産業省の政府CIO(内閣情報通信政策監)の補佐官として仕事をしていますが、政府内で、子育て支援とワーク・ライフ・バランスを推進する政策にとても高い関心が集まっていると感じています。

 政策の内容はさまざまですが、まず大切なのは、子供が病気になった社員が、後ろめたさを感じずに早退したり休暇を取れたりする雰囲気を職場に作ることでしょう。

この記事は有料記事です。

残り1137文字(全文1328文字)

細川義洋

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。