この酒場この一品

昭和感満載レトロ喫茶でマグロ希少部位を味わう

印束義則・ライター
  • 文字
  • 印刷
「鮪のあご肉 ねぎまみれ」(680円税込み、以下同)は、マグロの希少部位料理の中でも一番の人気商品
「鮪のあご肉 ねぎまみれ」(680円税込み、以下同)は、マグロの希少部位料理の中でも一番の人気商品

 神奈川県三浦三崎港から直送する、マグロの希少部位の料理が充実したお店がある。「どこにあるの?」「東京のJR板橋駅から徒歩5分の場所に」「へぇー、どんなお店なの?」「喫茶店。しかも、まもなく創業40周年を迎えるレトロ感たっぷりの味わい深い喫茶店だよ」「えっ、何それ?」

 思わず、そう聞き返したくなるお店が、東京・滝野川の「三浦の鮮魚と三崎のまぐろ フィッシュ オン ディッシュ ロリー」(東京都北区滝野川、JR埼京線板橋駅徒歩5分、都営地下鉄三田線西巣鴨駅徒歩6分)だ。

 2017年2月で創業40周年になる「喫茶ロリー」の店舗を借り、夜の時間帯に海鮮居酒屋として営業しているのが同店なのである。とはいえ、ちょっとした置き看板とのれん、ちょうちんが加わる以外、昼の喫茶店営業時と何ら変わるものはない。まさに、40年前にタイムスリップしたかのような、どこか懐かしさを感じる不思議な空間で、マグロの希少部位の料理を楽しむことができる。

 メニュー表には「三崎直送!まぐろの色々」と書かれたページがあり、そこには「鮪のあご肉 ねぎまみれ」「鮪のあご肉 ユッケ」「鮪の心臓 ニラ野菜炒め」「鮪の白子 天ぷら 青のり風味」「鮪の脳天 炙り」(各680円税込み、以下同)、「鮪のホホ肉 しょうが焼き」(780円)、「鮪のツノミ 唐揚げ わさびタルタル」(630円)、「鮪の胃袋 唐揚げ」(580円)と、マグロの希少部位メニューがずらりと並ぶ。

この記事は有料記事です。

残り946文字(全文1559文字)

印束義則

ライター

1966年福岡県生まれ。飲食店専門誌を多数発行する旭屋出版で「すしの雑誌」など専門誌、ムック編集に携わり、独立後はライターとして幅広く活躍。これまでに取材した飲食店は2000店以上、ローカル立地の繁盛店などニッチな飲食店情報に強い。「月刊近代食堂」(旭屋出版)に「ローカル実力店の強さの秘訣」「繁盛店を作るメニュー表」、「日本外食新聞」(外食産業新聞社)に「二等立地…地方立地…ありえない立地 印束義則の繁盛店実況中継」を連載中。