東芝問題リポート

「原発で数千億円損失?」東芝またも債務超過の危機

編集部
  • 文字
  • 印刷
米国での原発事業で数千億円規模の損失が出る可能性があるとして、記者会見に臨む東芝の綱川智社長(右)=2016年12月27日、北山夏帆撮影
米国での原発事業で数千億円規模の損失が出る可能性があるとして、記者会見に臨む東芝の綱川智社長(右)=2016年12月27日、北山夏帆撮影

 年末も押し迫った12月27日の夜6時。東京・浜松町の東芝本社で、綱川智社長の緊急記者会見が開かれた。2015年春に不正会計が発覚して以来、この本社では何度も緊急記者会見が行われてきた。ただ、翌16年5月に急な社長交代会見があって以来、緊急記者会見はなく、7カ月ぶりだった。

 普通のサラリーマンや公務員であれば28日の仕事納めを翌日に控え、年内の仕事の追い込みも終わろうとする時期だ。そうした時に綱川社長が発表したのは、「原子力事業で数千億円の損失が発生する可能性がある」という、衝撃の内容だった。

 巨額の損失が生じるかもしれない理由を、簡単に説明しよう。東芝の子会社である米原子力大手ウェスチングハウスは、米国内で電力会社2社から発注を受けて、4基の原子力発電所の建設に取り組んでいる。この建設の資材や人件費のコストが想定より大幅に増加する可能性が出てきたというのだ。

 ウェスチングハウスは1年前に買収した子会社S&W社と共同で、この原子力発電所を建設している。コスト増で、S&W社の資産価値が大幅に下落する可能性があり、ウェスチングハウスと、親会社の東芝が、ともに損失として処理しなければならない可能性が出てきた、という説明だった。

この記事は有料記事です。

残り1210文字(全文1728文字)

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz