イルミネーションが輝くクリスマスツリー=尼崎市武庫之荘1で2016年12月24日、釣田祐喜撮影
イルミネーションが輝くクリスマスツリー=尼崎市武庫之荘1で2016年12月24日、釣田祐喜撮影

政治・経済良い物をより高く売る経営

「クリスマスよりハロウィン」若者消費の変化とは

中村智彦 / 神戸国際大学教授

若者の消費行動の変化(1)

 アパレル関係者にとって、この12月の温暖な気候は頭の痛い問題だったことだろう。11月24日、首都圏では都心で積雪を観測する降雪があったが、12月は暖かい日が続き、23日には東京で最高気温が19.6度まで上昇した。

 クリスマスにかけて、冬物衣料の販売は苦戦を強いられたはずだ。12月23~24日に、若者が集まる新宿や池袋などの中小アパレル販売店が入居するファッションビルを歩いてみると、人出は多いが、購入商品の入る紙袋などを持っている人は少なかった。

 だが何より目についたのは、各店舗のクリスマス装飾や商品が少ないことだ。クリスマス色の薄さに、かつて…

この記事は有料記事です。

残り1992文字(全文2280文字)

中村智彦

中村智彦

神戸国際大学教授

1964年、東京都生まれ。88年、上智大学文学部卒業。96年、名古屋大学大学院国際開発研究科博士課程修了。外資系航空会社、シンクタンクで勤務。大阪府立産業開発研究所、日本福祉大学経済学部助教授を経て、現職。専門は中小企業論と地域経済論。中小企業間のネットワーク構築や地域経済振興のプロジェクトに数多く参画し、日テレ系「世界一受けたい授業」の工場見学担当も務める。