経済プレミアインタビュー

悩めるビジネスマンを励ます論語「必ず隣有り」

編集部
  • 文字
  • 印刷
江上剛さん=2016年12月16日、田中学撮影
江上剛さん=2016年12月16日、田中学撮影

作家、江上剛さんに聞く(3)

 作家、江上剛さんは、第一勧銀(現・みずほ銀行)に在籍した銀行員時代に総会屋利益供与事件に遭遇するなど、数々の修羅場をくぐってきた。そうしたときに、江上さんを励ましたのは、中国の孔子の「論語」だったという。インタビューの3回目は、江上さんが学生時代から頼りにしてきた古典に話が進んだ。【聞き手は今沢真・経済プレミア編集長】

 --長時間労働、過労死になぜ今、これだけ焦点が当たっているんでしょうか。

この記事は有料記事です。

残り1547文字(全文1759文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz