ニッポン金融ウラの裏

銀行“窓販”「高利回り外貨建て保険」高齢者を狙い撃ち

浪川攻・金融ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷

 国内の低金利状態を背景に、高利回りの「外貨建て保険商品」が一般個人向けの売れ筋商品となっている。だが、その一方、「こんなはずではなかった」「そんな話は事前に聞いていなかった」という苦情の類が増えている。なかでも、商品を購入した高齢者の親族からのクレームが広がっているという。

 外貨建て保険というのは変額保険の一種で貯蓄型商品だ。生命保険ではあるが、返戻金が相場次第で増減する。

 高齢者に複雑な金融商品を販売する際には、厳しいルールが適用されるようになっている。例えば日本証券業…

この記事は有料記事です。

残り1438文字(全文1677文字)

浪川攻

金融ジャーナリスト

1955年、東京都生まれ。上智大学卒業後、電機メーカーを経て、金融専門誌、証券業界紙、月刊誌で記者として活躍。東洋経済新報社の契約記者を経て、2016年4月、フリーに。「金融自壊」(東洋経済新報社)など著書多数。