東芝問題リポート

米原発数千億円損失なら今度こそ“東芝解体”か

編集部
  • 文字
  • 印刷
東芝本社の看板=2015年7月29日、内藤絵美撮影
東芝本社の看板=2015年7月29日、内藤絵美撮影

「数千億円損失?」への疑問(2)

 「原子力事業で数千億円の損失の可能性がある」と昨年末に発表した東芝。子会社の米原子力大手ウェスチングハウスに対する東芝経営陣の内部統制がまったく働いていなかった、とする見方は強い。数千億円という損失額があまりにも巨額であり、そのリスクを東芝経営陣が把握するのが遅すぎたからだ。

 今回の損失は、ウェスチングハウスが、米国の原発建設工事を共同で行ってきたS&W社を買収したことをき…

この記事は有料記事です。

残り1499文字(全文1704文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz