この酒場この一品

焼き肉店「激辛丸腸アヒージョ」のトリコになる夜

印束義則・ライター
  • 文字
  • 印刷
「激辛 丸腸アヒージョ」(800円税別、以下同)。ゴマ油で作る、焼肉店ならではの激辛アヒージョ
「激辛 丸腸アヒージョ」(800円税別、以下同)。ゴマ油で作る、焼肉店ならではの激辛アヒージョ

東京・六本木「厳選焼肉 ニクノトリコ」

 「眠らない街」東京・六本木の中心部にある一大複合施設、東京ミッドタウン。そこから一歩細い道に入ると、すぐそばながら通りは真っ暗になる。その暗がりの中に突然、明るいガラス張りのお店が現れる。

 店舗は、金沢のガラス工房で作られた20人がけの長テーブルのみが配置された大胆なデザインで、「川」をテーマに作られている。2階にも客席があり、そのテーマは「山」。春には、「空」をテーマにした開放的な3階客席もオープンする予定。

 「都心にある、自然の中で焼き肉を食べてもらう」をコンセプトにした、「厳選焼肉 ニクノトリコ」(東京…

この記事は有料記事です。

残り1401文字(全文1678文字)

印束義則

ライター

1966年福岡県生まれ。飲食店専門誌を多数発行する旭屋出版で「すしの雑誌」など専門誌、ムック編集に携わり、独立後はライターとして幅広く活躍。これまでに取材した飲食店は2000店以上、ローカル立地の繁盛店などニッチな飲食店情報に強い。「月刊近代食堂」(旭屋出版)に「ローカル実力店の強さの秘訣」「繁盛店を作るメニュー表」、「日本外食新聞」(外食産業新聞社)に「二等立地…地方立地…ありえない立地 印束義則の繁盛店実況中継」を連載中。