街の文化漂う 秘蔵の宿

泊まってみたいホテルは必ず朝食に特色がある

稲葉なおと・紀行作家、一級建築士
  • 文字
  • 印刷

ホテル選びの新常識(2)

 取材先のホテルで総支配人や広報責任者に「貴館で自信のポイントは?」と尋ねると往々にして、「やはり朝食ですね」という答えが返ってくる。ビジネスホテルやホステルでも、シティーホテルやリゾートホテルと同様に、朝食は重要な差別化のポイントになっている。

 だが残念ながら、自慢の朝食を実際に利用してみると、がっかりさせられることが多いのも事実だ。

 ホテル側の自慢は、ビュッフェ料理の品数の豊富さと手づくり料理という二つのポイントに大別される。大型…

この記事は有料記事です。

残り1769文字(全文2000文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

稲葉なおと

紀行作家、一級建築士

1959年、東京都生まれ。東京工業大学建築学科卒。400軒以上の名建築の宿を宿泊・取材。旅行記、小説、児童文学、写真集を発表している。現在も長編小説を雑誌「ダンスビュウ」に連載中。第10回JTB紀行文学大賞奨励賞受賞。主な著書に「匠たちの名旅館」など。近著に「モデルルームをじっくり見る人ほど『欠陥マンション』をつかみやすい」(小学館)。公式サイトでお勧めホテル、名建築の写真を多数公開中 http://www.naotoinaba.com (顔写真の撮影は寺崎誠三さん)