久松農園でとれた冬が旬の野菜=久松農園提供
久松農園でとれた冬が旬の野菜=久松農園提供

社会・カルチャー「この人、この土地」だから生み出せる一品

直販で年商4000万円 元会社員の有機野菜への愛

小高朋子 / 旅食ライター・カメラマン

 土の香りとほのかな甘みがかむほどに複雑さを増し、中心に向かうほど柔らかくきめ細かな食感になる大ぶりのカブは、皮をむかずに食べてほしい。刺激的な辛みと少しの苦み、ゴマのような風味が特徴のルッコラは香り高く、サラダの名脇役として活躍する。久松農園の野菜はどれも滋味深き味わいがある。

野菜の味を決める三つの要素

 早朝の気温はマイナス4度。厳しい寒さに耐えるため地をはうように葉を広げるターサイに、霜でより甘みを増す水菜やほうれん草など、畑には旬を迎えた冬野菜がモザイク状に植えられている。

 久松農園は茨城県南部の土浦市にあり、年間を通して50品目以上を露地(屋外)栽培する有機農家だ。5ヘ…

この記事は有料記事です。

残り2122文字(全文2414文字)

小高朋子

小高朋子

旅食ライター・カメラマン

1982年、神奈川県生まれ。アパレル業界、映像製作会社を経て、フリーランスに。持続可能なモノづくりの可能性を求めて各地を巡り、地域の食文化、工芸品、産業などを取材し、写真、映像も用いてその魅力を紹介している。現在、農業者向けのビジネススクール(オンラインアグリビジネススクール)にかかわり、各地の農業現場の取材を担当。旅と、おいしい食べものと日本酒が何よりも好き。

イチ押しコラム

メディア万華鏡
新潮45(10月号)

杉田論文批判に反論特集を組んだ新潮45は炎上商法か

 杉田水脈衆院議員が性的少数者(LGBTなど)を「生産性がない」と差別する寄稿を8月号で載せた月刊誌「新潮45」が、1号をおいた1…

ニッポン金融ウラの裏

外国人労働者の送金ニーズと「銀行不要論」の密な関係

 労働人口の減少を背景に、国内のさまざまな産業で外国人労働者への依存度が高まっている。そうした外国人労働者にとって、稼いだ給料を家…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
バルパライソ名物のアセンソール(屋外エレベーター)片道15円ほどの気軽な乗り物(写真は筆者撮影)

チリ・バルパライソ 壁画の街で過ごした魅惑の時間

 ◇チリ・サンティアゴとバルパライソ編(4) 2017年3月初旬。飛行機の予約ミスで生じた空き時間に、チリ・サンティアゴから日帰り…

知ってトクするモバイルライフ
iPhone XS、XSマックスと同じく9月21日に発売されたアップルウオッチ「シリーズ4」

アップルウオッチ4「大画面で薄く進化」緊急通報も

 アップルウオッチの4世代目となる「シリーズ4」が9月21日、iPhone XS、XSマックスと同時に発売された。「シリーズ3」か…

職場のトラブルどう防ぐ?

パートの休憩問題で「労基署から指導」管理部長の窮地

 A雄さん(48)は、従業員数約230人の食品スーパーの管理部長です。ある店舗のパート従業員の休憩時間について労働基準監督署から是…