江上剛の「働き方は孔子に聞こう!」

「我に実力あり」でも会社が認めてくれないときは

江上剛・作家
  • 文字
  • 印刷

 サラリーマンが抱える悩みを、作家の江上剛さんにぶつける連載の第2回は、「実力を会社に認めてもらえず、もんもんとしているアナタ」へのアドバイスです。さて、江上さんはどんな対応を勧めてくれるでしょうか。

Q 「自分の実力が認められない」と感じたら?

A 本当に実力があるなら会社はそのうち認めてくれます

 自分の人事評価は20%増しって言うんだよ。評価に不満のある人は、いつだって認められないと不満を抱く。

 同期が自分より出世が早い。昇給が、あいつより1000円低い。これで夜も寝られなくなる人がいる。

この記事は有料記事です。

残り1546文字(全文1793文字)

江上剛

作家

1954年兵庫県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。77年旧第一勧銀(現みずほ銀行)に入行。97年、総会屋利益供与事件に遭遇し、広報部次長として混乱収拾に尽力。在職中の2002年「非情銀行」で作家デビュー。03年にみずほ銀行を退行。近著に「働き方という病」など。テレビコメンテーターとしても活躍している。