職場のトラブルどう防ぐ?

驚異的時間管理で社内の意識を変えた育児中女性社員

井寄奈美・特定社会保険労務士
  • 文字
  • 印刷

 A子さんは、従業員約50人の小さな会社の「短時間正社員」です。経理・総務担当として、9~16時(通常の就業時間は9時~17時半)で勤務しています。

 最初はパート社員として働いていましたが、その高いスキルと効率的な仕事の進め方が他の社員にも良い影響を与えました。会社はその働きを高く評価し、短時間勤務のまま正社員に登用しました。今回は、A子さんの効率的な仕事・時間管理を紹介します。

この記事は有料記事です。

残り1604文字(全文1795文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

井寄奈美

特定社会保険労務士

大阪市出身。2015年、関西大学大学院法学研究科博士前期課程修了。現在、大阪大学大学院法学研究科博士後期課程在籍中(専攻:労働法)。01年、社会保険労務士資格を取得。会計事務所勤務などを経て06年4月独立開業。井寄事務所(大阪市中央区)代表。著書に『トラブルにならない 小さな会社の女性社員を雇うルール』(日本実業出版社)など。http://www.sr-iyori.com/