育児サバイバル

4児の父の大学教員「育休取ったら昇給消えた」

藤田結子・明治大商学部教授
  • 文字
  • 印刷
「お兄ちゃんも食べて」=東京都内で、関口純撮影
「お兄ちゃんも食べて」=東京都内で、関口純撮影

 育休を理由とするハラスメント(嫌がらせ)を防止する措置を会社に義務づける改正育児・介護休業法が、2017年1月1日に施行されました。今後、より良い職場環境が整備されることを祈ります。

 一方で、男性が育児休業を取得することへの理解はあまり広がっていません。男性中心の企業社会で、育児は女性の仕事という考え方や、育休取得が昇進や昇給に影響することを恐れる風潮が、まだまだ強いからでしょう。

 そんな中、関西地方のある私立大学で、育児休業を取得した男性教員が大学を訴える事態が起きました。育休…

この記事は有料記事です。

残り2232文字(全文2475文字)

藤田結子

明治大商学部教授

東京都生まれ。慶応義塾大を卒業後、大学院留学のためアメリカとイギリスに約10年間滞在。06年に英ロンドン大学で博士号を取得。11年から明治大学商学部准教授、16年10月から現職。専門は社会学。参与観察やインタビューを行う「エスノグラフィー」という手法で、日本や海外の文化、メディア、若者、消費、ジェンダー分野のフィールド調査をしている。5歳の男の子を子育て中。