政治・経済良い物をより高く売る経営

労働力減少でも過剰サービスが止まらない日本の現実

中村智彦 / 神戸国際大学教授

宅配便の遅配への怒りと戸惑い(2)

 宅配便最大手ヤマトホールディングスの2016年4~12月期の連結営業利益は約560億円で、前年同期比1割減の見込みだという。宅配便の取扱個数は4~11月で8.8%増加しているのにもかかわらず、である。大口顧客向けの割引の影響が出ているようだ。

 小口輸送を行う運輸業各社のテレビCMなどを見ると、貨物運輸の現場は自動化が進み、ベルトコンベヤーがかなりのスピードで荷物を運び、仕分けていることがわかる。実際、自動化は進んでおり、荷物の仕分け場を見学するとそれを目の当たりにできる。

 だが仕分け場以外では、いまだに多くの人手が必要だ。特に宅配便のような小口貨物の場合、その形状や重量…

この記事は有料記事です。

残り1774文字(全文2080文字)

中村智彦

中村智彦

神戸国際大学教授

1964年、東京都生まれ。88年、上智大学文学部卒業。96年、名古屋大学大学院国際開発研究科博士課程修了。外資系航空会社、シンクタンクで勤務。大阪府立産業開発研究所、日本福祉大学経済学部助教授を経て、現職。専門は中小企業論と地域経済論。中小企業間のネットワーク構築や地域経済振興のプロジェクトに数多く参画し、日テレ系「世界一受けたい授業」の工場見学担当も務める。

イチ押しコラム

職場のトラブルどう防ぐ?

「部下の夫から連日クレーム」42歳女性上司の困惑

 A美さん(42)は、夫が院長を務めるクリニックの事務長を務めています。2カ月前から経理担当として働いているB子さん(33)の夫か…

ニッポン金融ウラの裏

進む「キャッシュレス化」誰が責任を負っているのか

 キャッシュレス決済を巡る論議が高まり続けている。政府も外国人旅行者の増大を踏まえて、キャッシュレス化推進の旗を振り続けている。社…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
ミンスク駅前広場に今も建つレーニン像。背後のビルもスターリン的(写真は筆者撮影)

ミンスクの街を歩き考えた「ベラルーシ人」とは何者か

 ◇ベラルーシ・ミンスク編(2) 旧ソ連解体後に独立した国の中で唯一、ロシアべったりの体制を続けてきたベラルーシ。その首都ミンスク…

メディア万華鏡
第38回全国豊かな海づくり大会の放流会場で、笑顔で拍手をされる天皇、皇后両陛下=高知県土佐市の宇佐しおかぜ公園で2018年10月28日、加古信志撮影

「発信する皇后」美智子さまが平成にもたらしたもの

 「既視感、もう飽きた」--。皇后さまが10月20日、84歳の誕生日を迎えられた。天皇陛下の退位まで半年。皇后として最後の誕生日と…

知ってトクするモバイルライフ
デザインや機能を一新した「iPadプロ」。左が11型、右が12.9型

新「iPadプロ」はホームボタンなくして超高性能

 アップルは、米ニューヨークで10月30日(現地時間)、「iPadプロ」の新モデルを発表した。11月7日に発売される予定で、価格は…