スキル・キャリアキャリアセンター ここだけの話!?

経団連と無関係の外資系企業はすでに内定の現実

都内・某共学大進路指導担当

 2018年卒予定者、つまり現在の大学3年生に対する外国資本系企業の採用・選考が進んでいるようだ。

 「ようだ」と書いたのは、日本の就職活動では、3年生の3月1日から企業による広報活動の開始(具体的には求人票の開示と説明会の開催)、4年生の6月1日から面接・選考の解禁という「経団連ルール」があり、そのルールに違反しているため、企業自身が公式には認めようとしないからだ。

 しかし、実際には、昨年の秋口あたりから面接が始まり、早いところは昨年暮れには「内々定」あるいは「内…

この記事は有料記事です。

残り1034文字(全文1268文字)

都内・某共学大進路指導担当

都内・某共学大進路指導担当

東京都内の共学の大学の「キャリアセンター」に勤めるベテラン大学職員。大学生の就職活動の支援や、進路指導を担当している。