マネー・金融ニッポン金融ウラの裏

低利ローン武器に地銀が他県に“越境営業”の不毛

浪川攻 / 金融ジャーナリスト

 地域経済の厳しい実情のなかで、地域金融機関の貸し出し競争が激しさを増している。多くは、金利引き下げ競争であり、結局、利ざやの悪化を互いに助長している。「不毛な戦い」という声も出始めているが、今のところ、収束の気配は乏しい。

 激戦エリアとなっているのは地方の大都市圏だ。県境を越えて営業を強化している周辺地域の金融機関が、地元金融機関の顧客を奪取すべく低利ローン攻勢を続けている。日本海側の大都市である、ある県庁所在市がその典型だ。周辺県の地銀、信金などが、住宅ローン、アパート・マンションローン分野で雪崩を打って低レート競争を続けている。

 そのあおりを食っているのが地元金融機関である。本来、過剰なレート競争がなかったエリアだった。にもか…

この記事は有料記事です。

残り1354文字(全文1674文字)

浪川攻

浪川攻

金融ジャーナリスト

1955年、東京都生まれ。上智大学卒業後、電機メーカーを経て、金融専門誌、証券業界紙、月刊誌で記者として活躍。東洋経済新報社の契約記者を経て、2016年4月、フリーに。「金融自壊」(東洋経済新報社)など著書多数。