良い物をより高く売る経営

北陸新幹線2年で集客2倍 古都金沢独り勝ちの理由

中村智彦・神戸国際大学教授
  • 文字
  • 印刷
金沢駅東口にある鼓門
金沢駅東口にある鼓門

冬の金沢を歩いてみた(1)

 2015年3月14日に北陸新幹線が開業し、2度目の冬を迎えています。北陸と首都圏の鉄道所要時間は大幅に短縮され、多くの観光客が押し寄せています。現時点の北陸地方の観光への影響と、特に観光客が増えた金沢のおすすめ観光スポットについて、北陸新幹線開業時の富山県黒部市などで調査研究に携わった神戸国際大学の中村智彦教授(地域経済論)が、2回にわたって紹介します。

この記事は有料記事です。

残り2338文字(全文2530文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

中村智彦

神戸国際大学教授

1964年、東京都生まれ。88年、上智大学文学部卒業。96年、名古屋大学大学院国際開発研究科博士課程修了。外資系航空会社、シンクタンクで勤務。大阪府立産業開発研究所、日本福祉大学経済学部助教授を経て、現職。専門は中小企業論と地域経済論。中小企業間のネットワーク構築や地域経済振興のプロジェクトに数多く参画し、TBS系「坂上&指原のつぶれない店」にも出演。