東芝問題リポート

“原発推進”東芝会長は退任で責任を取れるのか

編集部
  • 文字
  • 印刷
東芝の原子力事業の責任者である志賀重範会長(右)。左は東芝の綱川智社長=2016年5月、宮武祐希撮影
東芝の原子力事業の責任者である志賀重範会長(右)。左は東芝の綱川智社長=2016年5月、宮武祐希撮影

東芝解体の危機(3)

 東芝の綱川智社長は1月27日に開いた記者会見で、米原子力事業で巨額の損失が生じることを踏まえ、原子力事業を社長直属の組織にすることを明らかにした。数千億円の損失が、12月中旬になって社長に突然報告されるという、企業経営上、あってはならない事態が起きたからだ。綱川社長の説明は次のようなものだった。

 「海外原子力事業を見直していく一環として、リスク管理強化のため、原子力事業部門をエネルギーシステム…

この記事は有料記事です。

残り1486文字(全文1695文字)

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz