廃炉には莫大なお金がかかる(東京電力福島第1原発)=宮間俊樹撮影
廃炉には莫大なお金がかかる(東京電力福島第1原発)=宮間俊樹撮影

政治・経済週刊エコノミスト・トップストーリー

東電生かして原発処理に電気代を使う「なし崩し」

エコノミスト編集部

 東京電力福島第1原発の事故処理費に、電気料金の一部を充てるという対策案がまとまりました。国策としての責任を明らかにすることなく、負担を国民に押し付けるものです。「週刊エコノミスト」2月7日号の巻頭特集「電気代は税金となった」よりダイジェストで報告します。

福島第1原発の処理費用は想定の2倍に

 東京電力福島第1原発の事故処理費用が膨張を続けている。2016年12月、経済産業省は21.5兆円との試算を公表した。13年12月の見積もりである11兆円のほぼ2倍となる。費用の膨張を招いた一因は、後述するように、民間企業の手に負えないのは明らかであるにもかかわらず、政府は東電を存続させたまま国費投入を見送ってきたことだ。

 東電による費用負担がはるかに限界を超える中、政府は新たに国民に負担を求める「東電改革案」をぶち上げ…

この記事は有料記事です。

残り1565文字(全文1923文字)

エコノミスト編集部

エコノミスト編集部

藤枝克治編集長率いる経済分野を中心として取材、編集するチーム。経済だけでなく社会、外交も含め幅広く取材する記者の集団であり、各界の専門家にコラムや情報提供を依頼する編集者の集団でもある。