会見に臨む東芝の綱川智社長(右)と成毛康雄副社長=2017年1月27日、根岸基弘撮影
会見に臨む東芝の綱川智社長(右)と成毛康雄副社長=2017年1月27日、根岸基弘撮影

政治・経済東芝問題リポート

巨額損失東芝を「要注意」に格下げした主力行の計算

編集部

東芝解体の危機(4)

 東芝の綱川智社長らが記者会見を開いた日の翌日、1月28日は土曜日だった。新聞の朝刊はどこも1面で「東芝が原子力事業を縮小する」との前日の会見の中身を報じていた。そして日経新聞は朝刊15面で、社長会見の関連記事として小さな記事を掲載した。それが、東芝に融資している金融機関に大きな波紋を広げている。

 「『要注意先』に下げ みずほ銀」という、2段見出しの記事だ。行数は39行。東芝の主取引銀行の一つで…

この記事は有料記事です。

残り1586文字(全文1795文字)

編集部

編集部

長く経済分野を取材してきた今沢真・毎日新聞論説委員を編集長にベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz