江上剛の「働き方は孔子に聞こう!」

パワハラ上司が恐れる「水のように強い部下」とは?

江上剛・作家
  • 文字
  • 印刷

 パワハラ、モラハラ上司、その他ハラスメント上司の共通点は、弱い者いじめということだ。彼らは本能的に、従順で自分より弱い者を見つける能力を持っている。弱っている動物の周りで、いつ飛びかかろうかとチャンスをうかがっているハイエナのようなものだ。

 それに対抗するには、社内のコンプライアンス関係の部署や弁護士に相談して、パワハラなどのハラスメントに対抗するしかない。社内にはハラスメントに対抗する制度が整えられているはずだから、それを利用するのが一番良い。

 しかしここではあなたの心構えの問題を考えよう。とにかくあなたが強くなることだ。では強いとはどういうことか。

この記事は有料記事です。

残り1205文字(全文1485文字)

江上剛

作家

1954年兵庫県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。77年旧第一勧銀(現みずほ銀行)に入行。97年、総会屋利益供与事件に遭遇し、広報部次長として混乱収拾に尽力。在職中の2002年「非情銀行」で作家デビュー。03年にみずほ銀行を退行。近著に「働き方という病」など。テレビコメンテーターとしても活躍している。