この酒場この一品

魅惑のアジアンビストロは日本の大衆酒場感も満載!

印束義則・ライター
  • 文字
  • 印刷
「オリエンタル冷やしトマト」(480円税別、以下同)。冷やしトマトがアジアン料理に早変わり
「オリエンタル冷やしトマト」(480円税別、以下同)。冷やしトマトがアジアン料理に早変わり

東京・千歳烏山「大衆 アジアンビストロ アロイマーケット」

 「ビストロ」とは、フレンチの大衆業態のこと。だが、慣れない人にとって、フレンチはやはりハードルが高い。なら、そこにアジアン料理がくっつけば、日本人にとってより親しみやすいお店となる。さらに日本語で「大衆」とまで付けば、これはもう一気に気軽なお店に早変わり。

 アジアン料理に、ビストロのおしゃれなセンスと日本の大衆酒場のエッセンスを盛り込んだのが「大衆 アジ…

この記事は有料記事です。

残り1381文字(全文1589文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

印束義則

ライター

1966年福岡県生まれ。飲食店専門誌を多数発行する旭屋出版で「すしの雑誌」など専門誌、ムック編集に携わり、独立後はライターとして幅広く活躍。これまでに取材した飲食店は2000店以上、ローカル立地の繁盛店などニッチな飲食店情報に強い。「月刊近代食堂」(旭屋出版)に「ローカル実力店の強さの秘訣」「繁盛店を作るメニュー表」、「日本外食新聞」(外食産業新聞社)に「二等立地…地方立地…ありえない立地 印束義則の繁盛店実況中継」を連載中。