米西海岸リポート

イバンカブランド窮地 大統領一族は副業を続けるか

土方細秩子・フリーライター
  • 文字
  • 印刷
イバンカ・ブランドの取り扱いをやめた米大手百貨店ノードストローム
イバンカ・ブランドの取り扱いをやめた米大手百貨店ノードストローム

 反移民政策により内外からの批判を浴びるトランプ新大統領だが、その波紋は一族のビジネスにも影響を及ぼしている。米大手百貨店ノードストロームが2月に入り突然「イバンカ・トランプ・コレクション」の扱いを取りやめた。これに対しトランプ大統領はツイッターで「娘のイバンカは極めて不公平な扱いを受けている。ひどい!」と応酬。ドロ沼の戦いの様相を呈してきた。

 イバンカ・トランプ・コレクションは、トランプ大統領の娘のイバンカさんが大手アパレルメーカーとライセ…

この記事は有料記事です。

残り1546文字(全文1769文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

土方細秩子

フリーライター

京都市出身、同志社大学英文科卒。ロータリー財団奨学生としてボストン大学大学院コミュニケーション学科修了。パリに3年住んだ後、ロサンゼルスに1993年より在住。TV番組制作に10年ほど関わった後、フリーランスライターとして主に海外記事を執筆している。