「しんせかい」で芥川賞を受賞した山下澄人さん(右)。左隣は直木賞の恩田陸さん=東京都千代田区で2017年1月19日、西本勝撮影
「しんせかい」で芥川賞を受賞した山下澄人さん(右)。左隣は直木賞の恩田陸さん=東京都千代田区で2017年1月19日、西本勝撮影

社会・カルチャー青春小説の系譜

浮遊する「ぼく」の静かな青春 芥川賞「しんせかい」

鶴谷真 / 毎日新聞学芸部記者

 先日選考会があった第156回芥川賞に輝いたのが、「王道の青春小説として面白い」とたたえられた、山下澄人さんの「しんせかい」だ。

 若い男が故郷の町を離れ、北国の山中で集団生活による苦難を味わい、女性との淡い交流もあり、2年後にそこを去るまでが描かれる。こう書けば、確かに青春小説の構えである。が、その味わいはこれまで本欄で紹介してきた作品と大きく違う。主人公の「内面の葛藤」と、その結果の「成長」がほとんど感じられないのだ。

 主人公は19歳のスミト。高校を卒業し、アルバイト生活の後、俳優と脚本家を育てる演劇塾に2期生として…

この記事は有料記事です。

残り1652文字(全文1914文字)

鶴谷真

鶴谷真

毎日新聞学芸部記者

1974年、神戸市出身。2002年毎日新聞社に入社し、岡山支局、京都支局を経て08年に大阪本社学芸部。13年秋から東京本社学芸部。文学を担当している。

イチ押しコラム

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
地下化されたワルシャワ中央駅上の広場。スターリン建築と民主化後のビルが林立する(写真は筆者撮影)

西に移動させられた国ポーランド 首都ワルシャワの今

 ◇ポーランド・ワルシャワ編(1) 36年前、高校の文化祭のディベートで、「史上最大の英雄は誰か」というお題に、「ポーランドで共産…

メディア万華鏡
週刊文春11月1日号

メディア騒がすドタキャン沢田研二の「格好いい老後」

 騒ぎ過ぎじゃないか。取り上げ方の息もなんだか長い。ジュリーこと沢田研二さん(70)が、10月17日にさいたまスーパーアリーナで予…

職場のトラブルどう防ぐ?

「部下の夫から連日クレーム」42歳女性上司の困惑

 A美さん(42)は、夫が院長を務めるクリニックの事務長を務めています。2カ月前から経理担当として働いているB子さん(33)の夫か…

ニッポン金融ウラの裏

進む「キャッシュレス化」誰が責任を負っているのか

 キャッシュレス決済を巡る論議が高まり続けている。政府も外国人旅行者の増大を踏まえて、キャッシュレス化推進の旗を振り続けている。社…

知ってトクするモバイルライフ
デザインや機能を一新した「iPadプロ」。左が11型、右が12.9型

新「iPadプロ」はホームボタンなくして超高性能

 アップルは、米ニューヨークで10月30日(現地時間)、「iPadプロ」の新モデルを発表した。11月7日に発売される予定で、価格は…