知ってトクするモバイルライフ

ドコモが組む「ダ・ゾーン」セット月980円の破壊力

石野純也・ケータイジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
スポーツ映像配信「ダ・ゾーン」をドコモが提供
スポーツ映像配信「ダ・ゾーン」をドコモが提供

 ドコモが、英・映像配信大手で「ダ・ゾーン」を運営するパフォーム社と提携し、スポーツの動画配信サービスを始める。

 ダ・ゾーンは、Jリーグの全試合の放映権を10年間、2100億円と巨額の契約金で獲得しており、スカパーからその座を奪ったことでも話題になった。Jリーグだけでなく、海外サッカーやモータースポーツ、バレーボール、バスケットボールなど、幅広いスポーツの中継を行っており、その数は国内外で全130リーグ、年間6000試合にのぼるという。

 スポーツ映像の配信では、ソフトバンクが「スポナビライブ」を提供していたが、ここに新たな選択肢が加わ…

この記事は有料記事です。

残り1466文字(全文1736文字)

石野純也

ケータイジャーナリスト

1978年、静岡県生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。2001年、宝島社に入社。当時急速に利用者数を伸ばしていた携帯電話関連のムック編集に携わる。05年には独立してフリーランスのジャーナリスト/ライターに転身。通信事業者、携帯電話メーカー、コンテンツプロバイダーなどを取材、幅広い媒体に原稿を執筆する。業界動向を記したビジネス書から、端末の解説書まで著書も多い。