東京マラソンを走る

銀行破綻処理のまっただ中で「ラン」と仲間に出会った

編集部
  • 文字
  • 印刷
2014年の東京マラソンで孫と一緒に=江上剛さん提供 ※掲載にあたり写真を一部加工しています
2014年の東京マラソンで孫と一緒に=江上剛さん提供 ※掲載にあたり写真を一部加工しています

作家、江上剛さん(1)

 作家でテレビコメンテーターとしても活躍する江上剛さんは、フルマラソンを何度も走った市民ランナーだ。著書に「56歳でフルマラソン、62歳で100キロマラソン」(扶桑社文庫)もある。江上さんに、なぜ走り始めたのかを聞いた。【聞き手は今沢真・経済プレミア編集長】

 --なぜマラソンを走ろうと思ったんですか。

 ◆江上剛さん きっかけは、日本振興銀行の破綻(注)に関係してしまったことです。社会貢献のつもりで社…

この記事は有料記事です。

残り2483文字(全文2695文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz