東京マラソンを走る

走っていると自然に小説のアイデアが湧いてくる

編集部
  • 文字
  • 印刷
ホノルルマラソンで沿道の子どもたちと=江上剛さん提供 ※掲載にあたり写真を一部加工しています
ホノルルマラソンで沿道の子どもたちと=江上剛さん提供 ※掲載にあたり写真を一部加工しています

作家、江上剛さん(2)

 作家の江上剛さんは、56歳で銀行破綻に巻き込まれ、苦しんでいたときにランニングに出合った。つくばマラソンで走った初のフルマラソンは息も絶え絶えのゴール。「もうこりごり」と思った。でも、すぐに練習会に復帰する。【聞き手は今沢真・経済プレミア編集長】

 --最初の東京マラソンに出たのはいつですか。

 ◆2011年2月です。幸運にも当選しました。2回目のフルマラソンでした。東京マラソンはやっぱり特別…

この記事は有料記事です。

残り1985文字(全文2193文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz