日本の「大江戸温泉物語」と同名の入浴施設が中国・上海に登場し、日本側の運営企業が関係を全面否定したニュースリリース(左)。右は、中国側の運営企業がインターネット上に公開していた「公認証明書」
日本の「大江戸温泉物語」と同名の入浴施設が中国・上海に登場し、日本側の運営企業が関係を全面否定したニュースリリース(左)。右は、中国側の運営企業がインターネット上に公開していた「公認証明書」

グローバル海外特派員リポート

「大江戸温泉物語」パクリ騒動の陰に中国風呂文化の変化

赤間清広 / 毎日新聞中国総局特派員(北京)

 中国・上海で昨年12月、「大江戸温泉物語」という名前の入浴施設がオープンし、日本の「大江戸温泉物語」が関係を全面否定した騒ぎは記憶に新しい。運営する中国企業は「商標やロゴの使用について日本側と正式に契約を結んでいる」と胸を張り、日本側の社長名や企業印が入った契約書まで公開した。本家本元はすべて否定しているが、この入浴施設はその後も営業を続けている。

 この施設では、熊本県のゆるキャラ「くまモン」のイラストがパネルに無許可で使用されており、熊本県や熊…

この記事は有料記事です。

残り1358文字(全文1584文字)

赤間清広

赤間清広

毎日新聞中国総局特派員(北京)

1974年、宮城県生まれ。宮城県の地元紙記者を経て2004年に毎日新聞社に入社。気仙沼通信部、仙台支局を経て06年から東京本社経済部。経済部では財務省、日銀、財界などを担当した。16年4月から現職。中国経済の動きを追いかけている。