週末シネマ

不平等も不条理も善悪も乗り越えるバンコクの夜と愛

  • 文字
  • 印刷
(c)Bangkok Nites Partners 2016
(c)Bangkok Nites Partners 2016

富田克也監督「バンコクナイツ」

 映画はしょせん絵空事、画面に身を委ねて一時の夢物語を楽しめばいい。しかし中には、心して見ておくべきだと言いたくなる映画もある。富田克也監督・脚本「バンコクナイツ」はそんな1本だ。作品として100点満点とはいかないが、今、日本で作られ、公開されることに大きな意味がある。この映画は事件である。

この記事は有料記事です。

残り1341文字(全文1502文字)