くらし高齢化時代の相続税対策

同居の独身パート三女に多めに財産を残したい母心

広田龍介 / 税理士

 東京都港区のY子さん(86)は8年前に夫を亡くし、築30年の5階建て賃貸マンション1棟を相続した。その5階の部屋で三女(54)と暮らしている。

 長女(60)と次女(57)は結婚して別に家庭を作り、安定した暮らしを送っている。三女は15年前に離婚し、実家に戻ってきた。Y子さんと暮らしながらパートの仕事をしている。子供はいない。

 夫が亡くなった後、Y子さんは賃貸マンション1棟と預金の大部分を相続した。土地については法定相続分通…

この記事は有料記事です。

残り894文字(全文1108文字)

広田龍介

広田龍介

税理士

1952年、福島県いわき市生まれ。85年税理士登録。東京・赤坂で広田龍介税理士事務所を開設。法人・個人の確定申告、相続税申告、不動産の有効活用などを中心に幅広くコンサルティング活動を続けている。相続税に関する講演やセミナーも開催している。