江上剛の「働き方は孔子に聞こう!」

論語冒頭の「朋あり遠方より来たる」は最高の人生訓

江上剛・作家
  • 文字
  • 印刷

Q 不本意な異動や処遇を受けたら?

A ぐずぐず悩まず今を生きよう

 私は銀行員時代、本部で仕事をやり過ぎ、上司の怒りを買った。それで支店、現場に異動させられた。現場は百鬼夜行(ひゃっきやこう)の世界だ。傷つくことも多い。他人は私の人事異動を左遷と言った。もう江上もおしまいだ、これで出世の道を断たれた、上司に逆らってばかりいるからだなど、多くの雑音が耳に入った。

 私は支店に異動させられたことは、みじんも左遷だと思っていなかった。私のことを面倒なやつだと思ってい…

この記事は有料記事です。

残り1002文字(全文1232文字)

江上剛

作家

1954年兵庫県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。77年旧第一勧銀(現みずほ銀行)に入行。97年、総会屋利益供与事件に遭遇し、広報部次長として混乱収拾に尽力。在職中の2002年「非情銀行」で作家デビュー。03年にみずほ銀行を退行。近著に「働き方という病」など。テレビコメンテーターとしても活躍している。