スキル・キャリア部下を伸ばす上司 ダメにする上司

失敗しても「足してほめる」上司に部下はついてくる

細川義洋 / ITコンサルタント

 部下指導に熱心になればなるほど、部下から敬遠されてしまう上司がいます。同じことを言っているのに、「なぜあの上司には人望があるのだ?」と、悩む人もいるかもしれません。指導自体がハラスメントになっていた課長と、指導が上手だった部長との考え方の違いを紹介します。

ハラスメント上司の人格否定発言

 筆者が以前いた会社のことなので、古い話です。この会社のある課長は育成に熱心で、部下たちによくアドバイスをしていました。しかし、その物言いから部下に次々と逃げ出されてしまいました。新たなチームを任された当初、5人いた部下は2年たたずに全員が退職したり異動を希望したりしてしまったのです。

 部下に無関心であるよりはマシとも思えます。しかし、隣の部署にいた筆者は、課長のチームの部下たちが「…

この記事は有料記事です。

残り1450文字(全文1787文字)

細川義洋

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。