韓国最大の財閥サムスンはどうなるのか
韓国最大の財閥サムスンはどうなるのか

グローバル経済プレミア・トピックス

韓国サムスントップ逮捕で財閥支配は終わるのか

大澤文護 / 千葉科学大学教授

 韓国最大の財閥サムスングループの総帥・李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長(48)が2月17日、贈賄や横領などの容疑で韓国特別検察チームに逮捕された。韓国の国内総生産(GDP)の約2割を占める巨大財閥の経営は、総帥の逮捕によって混迷に陥ることは避けられない。

 サムスングループの2代目総帥・李健熙(イ・ゴニ)サムスン電子会長(75)の体調悪化を契機に、2015年、健熙氏の長男である李在鎔容疑者は、安定したグループ経営権の引継ぎのため、自身が株式の23.2%を所有するサムスングループの事実上の持株会社「第一毛織」と、グループの中核企業・サムスン物産の合併を計画した。

この記事は有料記事です。

残り1391文字(全文1678文字)

大澤文護

大澤文護

千葉科学大学教授

1957年東京生まれ。1980年毎日新聞社入社。1997~2002年ソウル特派員、04~08年マニラ支局長、09~11年ソウル支局長、11~13年毎日新聞東京本社編集編成局編集委員。2013年10月から現職。

イチ押しコラム

メディア万華鏡
新潮45(10月号)

杉田論文批判に反論特集を組んだ新潮45は炎上商法か

 杉田水脈衆院議員が性的少数者(LGBTなど)を「生産性がない」と差別する寄稿を8月号で載せた月刊誌「新潮45」が、1号をおいた1…

ニッポン金融ウラの裏

外国人労働者の送金ニーズと「銀行不要論」の密な関係

 労働人口の減少を背景に、国内のさまざまな産業で外国人労働者への依存度が高まっている。そうした外国人労働者にとって、稼いだ給料を家…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
バルパライソ名物のアセンソール(屋外エレベーター)片道15円ほどの気軽な乗り物(写真は筆者撮影)

チリ・バルパライソ 壁画の街で過ごした魅惑の時間

 ◇チリ・サンティアゴとバルパライソ編(4) 2017年3月初旬。飛行機の予約ミスで生じた空き時間に、チリ・サンティアゴから日帰り…

知ってトクするモバイルライフ
iPhone XS、XSマックスと同じく9月21日に発売されたアップルウオッチ「シリーズ4」

アップルウオッチ4「大画面で薄く進化」緊急通報も

 アップルウオッチの4世代目となる「シリーズ4」が9月21日、iPhone XS、XSマックスと同時に発売された。「シリーズ3」か…

職場のトラブルどう防ぐ?

パートの休憩問題で「労基署から指導」管理部長の窮地

 A雄さん(48)は、従業員数約230人の食品スーパーの管理部長です。ある店舗のパート従業員の休憩時間について労働基準監督署から是…