経済プレミア・トピックス

日産再生の立役者 空飛ぶCEOゴーン氏の次の決断は

編集部
  • 文字
  • 印刷
日産自動車の社長を退くカルロス・ゴーン氏=決算発表の記者会見で2015年、後藤由耶撮影
日産自動車の社長を退くカルロス・ゴーン氏=決算発表の記者会見で2015年、後藤由耶撮影

 カルロス・ゴーン氏が18年間率いてきた日産自動車の社長を後進に譲る。同社が2月23日に発表した。

 今回の人事は「ゴーン氏がもう日産の面倒を見る時間がなくなったというのが本音ではないか」(業界関係者)という。ゴーン氏が日本に滞在するのは月のうち1週間程度しかない。それ以外はフランス、その他の国々を飛び回り、「空飛ぶCEO」と言われるほど忙しい。

 ただ逆に言えば、ゴーン氏が面倒を見なくても、日産の経営は安定してきたということ。2016年3月期に…

この記事は有料記事です。

残り1649文字(全文1872文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz