思いを伝える技術

説得力ある企画書に欠かせない「趣旨、意義、手順」

川井龍介・ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷

企画書の書き方(2)

 学生時代になじみがなくても、社会に出ると必要に迫られる文書に提案書や企画書があります。

 「○○について企画書をつくってみてくれ」なんて急に言われても、戸惑う人は多いでしょう。社内の規定などであらかじめフォーマットが決まっている場合はいいですが、自由に作れと言われると困ってしまいます。しかし、基本を押さえておけば対応できます。

 まず、「企画書とは何か」を理解し、必要な要素を確認することです。なんとなくわかっていると思っていて…

この記事は有料記事です。

残り1313文字(全文1537文字)

川井龍介

ジャーナリスト

1980年慶応大学法学部卒。新聞記者などを経てフリーのジャーナリスト、ノンフィクションライター。実用的な文章技術を説いた「伝えるための教科書」(岩波ジュニア新書)をはじめ「大和コロニー~フロリダに『日本』を残した男たち」(旬報社)、「フリーランスで生きるということ」(ちくまプリマ―新書)を2015年に出版。このほか「ノーノー・ボーイ」(ジョン・オカダ著、旬報社)の翻訳をてがける。