ジャンパーの経緯を説明し、頭を下げる小田原市の職員=市役所で2017年1月17日、澤晴夫撮影
ジャンパーの経緯を説明し、頭を下げる小田原市の職員=市役所で2017年1月17日、澤晴夫撮影

くらし下流化ニッポンの処方箋

「受給者は危険」と宣伝した小田原ジャンパーの無理解

藤田孝典 / NPO法人ほっとプラス代表理事

 生活保護を担当する神奈川県小田原市の職員が、受給者を威圧するような文言を入れたジャンパーなどを作製、着用していた問題は、多くの人に「受給者は危険だ」という誤解を与えました。

 毎日新聞は2月4日付朝刊に、次の検証記事を掲載しています。

 「市生活支援課によるとジャンパー作製は2007年、窓口で起きた切りつけ事件が契機となった。生活保護を受給していた男(当時61歳)が役所に現れた。アパートを追い出され連絡が取れなくなったため、市が支給を打ち切っていた。男は激高してケースワーカーにつえを振り上げ、止めに入った職員をカッターナイフで切りつけ、3人が軽傷を負った。事件後は『窓口に出るのが怖くなった』と訴える職員が多くなった」

 「係長職の職員らが『小田原市民のために仕事をすると考えれば、モチベーションを高めざるを得ない』と考…

この記事は有料記事です。

残り2052文字(全文2413文字)

藤田孝典

藤田孝典

NPO法人ほっとプラス代表理事

1982年生まれ。NPO法人ほっとプラス代表理事、聖学院大学人間福祉学部客員准教授、反貧困ネットワーク埼玉代表。厚生労働省社会保障審議会特別部会委員。ソーシャルワーカーとして現場で生活困窮者支援をしながら、生活保護や貧困問題への対策を積極的に提言している。著書に「貧困クライシス 国民総『最底辺』社会」(毎日新聞出版)「下流老人 一億総老後崩壊の衝撃」「ひとりも殺させない」「貧困世代 社会の監獄に閉じ込められた若者たち」など。

イチ押しコラム

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
アフリカ大陸側から欧州を見たジブラルタル海峡。対岸にジブラルタルの岩山が遠望できる(写真は筆者撮影)

「ジブラルタル海峡」欧州とアフリカが行き交った地

 ◇ジブラルタル海峡編(1) ナポレオンは「ピレネー山脈の南(スペイン)はアフリカだ」と言ったという。確かに山脈の南のイベリア半島…

メディア万華鏡
社会学者の上野千鶴子さん=東京・井の頭公園で2017年1月11日、中村藍撮影

上野千鶴子さん東大入学式スピーチの「#MeToo」

 日本版では女優の常盤貴子さんが主人公を演じ好評だった米国の大ヒットドラマ「グッド・ワイフ」のシーズン6を見ていたら、あまりにも分…

ニッポン金融ウラの裏

銀行主導デジタルマネーが「お祭り騒ぎ」で終わる懸念

 銀行業界でデジタルマネー導入の動きが続いている。みずほグループは独自のデジタルマネー「J-COIN」を3月からスタートし、三菱U…

知ってトクするモバイルライフ
交付された5G基地局開設の認定書を手に記念撮影に臨む携帯電話各社の社長ら=総務省で2019年4月10日、山下浩一撮影

2020年に始まる超高速「5G」は生活を一変させるか

 総務省は、携帯電話事業者4社に割り当てる5Gの周波数を決定した。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルは、2020年…

職場のトラブルどう防ぐ?
 

「店長だから」と負担増“36歳子育て女性”の不信感

 2児を育てるA美さん(36)は、あるフラワーショップの店長です。当初はアルバイトでしたが、半年前に店長に指名されフルタイム勤務に…