政治・経済週刊エコノミスト・トップストーリー

株の上昇相場に乗るには「いつ買うか」より「何を買うか」

エコノミスト編集部

 米株式市場が最高値を更新し続け、日本市場でも中小型株が活況です。投資家としては上昇相場に乗るか、利益確定して降りるか、悩ましいところ。週刊エコノミスト3月7日号の巻頭特集「高値からの株・債券・為替」より報告します。

景気回復期にはバリュー株や銀行株

 米株価の勢いが止まらない。2月22日のニューヨーク株式市場では、優良株で構成するダウ工業株30種平均が前日比0.2%高の2万775.60ドルと、9営業日連続で史上最高値を更新。9営業日連続での最高値更新は実に約30年ぶりという。ハイテク株中心のナスダック総合株価指数と、大型株中心のS&P500株価指数は反落したものの、いずれも最高値圏で推移する。

 高値づかみはしたくないが、この先の上昇を指をくわえて見ているのもつらい。米国株は今、どのような状態…

この記事は有料記事です。

残り1860文字(全文2209文字)

エコノミスト編集部

エコノミスト編集部

藤枝克治編集長率いる経済分野を中心として取材、編集するチーム。経済だけでなく社会、外交も含め幅広く取材する記者の集団であり、各界の専門家にコラムや情報提供を依頼する編集者の集団でもある。