World Watch(ワールド・ウオッチ)

“安倍夫妻おもてなし”でメラニア夫人が意外な気遣い?

会川 晴之・毎日新聞北米総局特派員
  • 文字
  • 印刷
メラニア米大統領夫人と安倍昭恵首相夫人が今年2月に訪れたモリカミ博物館=2013年6月、川井龍介さん撮影
メラニア米大統領夫人と安倍昭恵首相夫人が今年2月に訪れたモリカミ博物館=2013年6月、川井龍介さん撮影

 安倍晋三首相とトランプ米大統領は、初の首脳会談を終えた2月10日夕から2日間、米南部フロリダ州のパームビーチにあるトランプ氏の別荘でともに過ごし、著名人を招いた夕食会など最大限の「おもてなし」で親交を深めた。

 「おもてなし」は、ホワイトハウス中庭から大統領専用ヘリコプター「マリーンワン」に搭乗するところから始まった。両首脳は大統領専用機「エアフォースワン」が待つワシントン郊外の空軍基地に向かう機中で記念撮影。トランプ氏はツイッターに両首脳がにこやかにほほ笑む画像を投稿した。

 夕食会は別荘の中庭で開かれた。6人用の円卓に両首脳が並んで座る。円卓には、全米が沸いた5日のスーパ…

この記事は有料記事です。

残り1315文字(全文1605文字)

会川 晴之

毎日新聞北米総局特派員

1959年東京都生まれ、北海道大学法学部卒、87年毎日新聞入社。東京本社経済部、政治部、ウィーン支局、欧州総局長(ロンドン)、北米総局長(ワシントン)などを経て、2018年12月から現職。日米政府が進めたモンゴルへの核廃棄計画の特報で、11年度のボーン・上田記念国際記者賞を受賞。日本発の核拡散を描いた毎日新聞連載の「核回廊を歩く 日本編」で、16年の科学ジャーナリスト賞を受賞。著書に「核に魅入られた国家 知られざる拡散の実態」(毎日新聞出版)。