週刊エコノミスト・トップストーリー

「トランプ資源相場」は未体験ゾーンに突入した!?

エコノミスト編集部
  • 文字
  • 印刷

 米トランプ政権の誕生により、資源価格が上向く期待が高まっている。上昇基調の背景と先行きは。週刊エコノミスト3月14日号の巻頭特集「資源総予測2017」よりダイジェストで報告します。

資源相場を支える米中「オールドエコノミー」

 1兆ドル(約113兆円)のインフラ投資──。トランプ米大統領は2月28日の上下両院合同会議での演説で、改めて公約の実現に意欲を示し、議会に協力を求めた。

 大規模なインフラ投資が実際に実施されることになれば、鉄鋼や銅などの資源需要は大幅に伸び、米国内の重厚長大産業は大きな恩恵を受けることになるだろう。

この記事は有料記事です。

残り1702文字(全文1965文字)

エコノミスト編集部

藤枝克治編集長率いる経済分野を中心として取材、編集するチーム。経済だけでなく社会、外交も含め幅広く取材する記者の集団であり、各界の専門家にコラムや情報提供を依頼する編集者の集団でもある。