経済を読む

「家計のホームドクター」ファイナンシャルプランナー

塚崎公義・久留米大学商学部教授
  • 文字
  • 印刷

 家計の管理、老後の生活設計、資産運用、相続・贈与など、身近なお金に関することは、学校でも職場でも教わることはありません。友人にも相談しにくいことです。こうしたお金まわり全般の相談をする相手としてファイナンシャルプランナー(FP)がいます。今回は、FPについて学びましょう。

気楽に相談できる

 体調が優れないときや病気になったとき、「かかりつけ医」に相談し、専門医の診察が必要と判断されれば紹介状を書いてもらいます。お金の話も同様です。いきなり弁護士等に相談するのは敷居が高いでしょう。「とりあえず悩みを聞いてもらってアドバイスが欲しい」といった気楽な相談も受けてくれる専門家がFPです。

 FPにも得意分野があります。依頼する時には相談内容に応じた相手を選ぶ必要があります。日本ファイナン…

この記事は有料記事です。

残り1146文字(全文1489文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

塚崎公義

久留米大学商学部教授

1981年、東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。主に経済調査関係の仕事に従事した後、2005年に銀行を退職して久留米大学へ。「退職金貧乏 定年後の『お金』の話」「老後破産しないためのお金の教科書」「増補改訂 よくわかる日本経済入門」「世界でいちばんやさしくて役立つ経済の教科書」「なんだ、そうなのか! 経済入門」など著書多数。