経済プレミア・トピックス

マリーヌ・ルペン仏極右「国民戦線」党首の数奇な人生

渡邊啓貴・東京外国語大学大学院 総合国際学研究科教授
  • 文字
  • 印刷
仏国民戦線のマリーヌ・ルペン党首(2016年5月)=賀有勇撮影
仏国民戦線のマリーヌ・ルペン党首(2016年5月)=賀有勇撮影

 4~5月に行われるフランス大統領選挙候補者で極右政党・国民戦線(FN、Front National)党首のマリーヌ・ルペン氏(48)は1968年、FN創設者の父ジャンマリ・ルペン氏(88)の3姉妹の末娘として生まれた。

 父ジャンマリ・ルペン氏が72年に設立した当初、FNは泡沫(ほうまつ)政党に過ぎなかったが、84年欧州議会選挙で大躍進して以来安定して支持率10%以上を得る政党にまで押し上げた。2011年のFN党首選でマリーヌ・ルペン氏は、父親時代からの党内ナンバー2でリヨン大学の教授を務めていたブルーノ・ゴルニッシュ氏を破り、後継に選出された。

 マリーヌ・ルペン氏は次期大統領選で、欧州連合(EU)離脱を問う国民投票の実施、自国通貨の復活、移民…

この記事は有料記事です。

残り2040文字(全文2366文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

渡邊啓貴

東京外国語大学大学院 総合国際学研究科教授

1954年生まれ。東京外国語大学卒業、パリ第一大学大学院博士課程修了。パリ高等研究大学院・リヨン高等師範大学校客員教授。シグール研究センター(ジョージ・ワシントン大学)客員研究員、『外交』編集委員長、在仏日本大使館広報文化担当公使などを経て現職。著書に「ミッテラン時代のフランス」「フランス現代史」「ポスト帝国」「米欧同盟の協調と対立」「ヨーロッパ国際関係史」「シャルル・ドゴール」「現代フランス」「アメリカとヨーロッパ」(近刊)など多数。