東芝問題リポート

巨額損失、企業存続の危機を描く「東芝消滅」出版

編集部
  • 文字
  • 印刷

「東芝消滅」3月25日発売

 「数千億円の損失が発生する可能性があります」。昨年12月27日の記者会見で始まった東芝存続の危機。経済プレミアは連載「東芝問題リポート」で、損失7000億円の原因や背景を報告してきました。

 20回を超える記事を加筆・編集して3月25日、「東芝消滅」(毎日新聞出版、税込み1080円)を出版します。「東芝 不正会計 底なしの闇」「東芝 終わりなき危機」に続く第3弾。筆者は今沢真・経済プレミア編集長兼論説委員です。

この記事は有料記事です。

残り2616文字(全文2836文字)

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz