東芝問題リポート

監査委員会が認定した東芝幹部の「不正な圧力」

編集部
  • 文字
  • 印刷
東芝本社ビル=2015年12月、内藤絵美撮影
東芝本社ビル=2015年12月、内藤絵美撮影

 経営の大混乱が続く東芝は3月14日午前10時すぎ、「第3四半期報告書の提出期限延長(再延長)に関する承認申請書提出に関するお知らせ」という資料を公表した。ちょうど1カ月前のバレンタインデーに、東芝は予定していた決算発表ができず1カ月延期した。ところが1カ月たってもまだ決算発表はできず、4週間の猶予が必要になり、4月11日まで延期する内容である。

 公表資料はA4判で2枚。この資料にとても興味深いことが書かれているので、詳しく報告しよう。

この記事は有料記事です。

残り1960文字(全文2180文字)

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz