週刊エコノミスト・トップストーリー

医療を大激変させる「iPS細胞移植」の可能性

エコノミスト編集部
  • 文字
  • 印刷
ヒトiPS細胞=京都大学iPS細胞研究所提供
ヒトiPS細胞=京都大学iPS細胞研究所提供

 再生医療の研究が新たな段階に入っている。市場化を見据えて民間企業の参入も加速しそうだ。週刊エコノミスト3月21日号の特集「再生医療 臨床ラッシュ」よりダイジェストで報告する。

脊髄損傷患者に細胞移植へ

 人工培養した細胞や組織を使って失われた組織を修復・再生する「再生医療」の研究が、いま大きく前に進み始めている。

 慶応義塾大学の岡野栄之教授と中村雅也教授らの研究チームが、脊髄(せきずい)を損傷した患者に、他人のiPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った細胞を移植する計画について、学内の倫理委員会に申請したと報じられた。了承を受けた後、国への届け出を行う。

この記事は有料記事です。

残り1568文字(全文1846文字)

エコノミスト編集部

藤枝克治編集長率いる経済分野を中心として取材、編集するチーム。経済だけでなく社会、外交も含め幅広く取材する記者の集団であり、各界の専門家にコラムや情報提供を依頼する編集者の集団でもある。