経済プレミアインタビュー

「入社半年で2倍の集客を実現」元USJ役員のしかけ

編集部
  • 文字
  • 印刷
ハリー・ポッターの新エリアオープン記念のセレモニー=2014年7月15日、久保玲撮影
ハリー・ポッターの新エリアオープン記念のセレモニー=2014年7月15日、久保玲撮影

 世界的に人気の「ハリー・ポッター」や「進撃の巨人」「エヴァンゲリオン」などのアトラクションを次々と導入し、2015年度に1390万人を集客するなど快進撃を続けるユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)。2000年代、低迷していたUSJの集客をV字回復させた立役者が、運営会社ユー・エス・ジェイの元チーフ・マーケティング・オフィサー(CMO)、執行役員でマーケッターの森岡毅さん(44)だ。その森岡さんの書籍「USJを劇的に変えた、たった1つの考え方」(KADOKAWA)が「ビジネス書グランプリ2017」マネジメント部門賞を獲得した。低迷していたUSJに入社した経緯やV字回復成功の理由を聞いた。2回に分けてお伝えする。【経済プレミア編集部・田中学】

この記事は有料記事です。

残り2673文字(全文3000文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz